自分好みの味を見つける|モチモチッとした特徴的な食感|奥が深いモッツァレラチーズを食す
レディー

モチモチッとした特徴的な食感|奥が深いモッツァレラチーズを食す

自分好みの味を見つける

ご飯

種類と味

うめぼしには見た目や風味、食感など、種類があります。赤いうめぼしは赤シソと塩で漬けているものが多く、昔ながらのしょっぱい味付けです。安いものでは着色のものもあります。だいだい色のうめぼしは一度塩で漬けて、塩抜きしたあとに、はちみつで漬けているので甘く、おやつとしてお茶うけに出されることもあります。はちみつや昆布やカツオなど、塩以外の方法で漬けられているうめぼしは調味梅干しという分類です。塩だけで漬けられているうめぼしは長く持ちますが、調味梅干しは半年から一年ほど賞味期限があります。和歌山県が一番梅の生産量が多く、品種改良もよくされています。和歌山県産の紀州南高梅はブランドなので、人気が高く贈答用にも使われます。

まずはお試し

うめぼしが好きな人には好みの味があります。自分で食べる場合にはいろいろ試食するのが一番です。しょっぱいのが好みか、甘い方が好きなのか、昆布やカツオの風味が好みなのか、人それぞれです。デパートや専門店では試食させてもらえる場合もあります。通信販売では自宅お試し用や、つぶれ梅などをそろえているショップもあるので、たくさん購入する前に好きな味を調べてみるのも楽しいです。うめぼし自体は体にいいのですが、塩分が高めです。最近のうめぼしは減塩のものも増えているので、食べやすくなりました。しかし、高血圧の人や、贈り先にお年寄りがいる場合はよく考えて注文する必要があります。塩分が表示されているショップもあるので参考にします。